• テキストサイズ

【ハイキュー!!】もうひとつ【影山飛雄】

第2章 きっかけ


私は2人が4段の階段越しに入口に立っている人たちに

叫んでいる姿を校舎の影から見守る。



「「ちゃんと協力して戦えるって証明します!!!」」




うーん…。


やっぱ単細胞って思われちゃうかなーw




でも仲良い感じに見せるんだったら声揃えて言ったほうが

いいと思うしー。







「-試合は土曜の午前。いいな」




お。

なんとか話はついたのかな?


じゃあ私の仕事はここまでだよね!




2人に気づかれないように後ろ向きで裏門から出て行った。





/12ページ 
スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp