ドリーム機能あり

白昼夢第3幕【華と舞う蝶】黒尾×孤爪×木兎×赤葦[®18]
連載中

[ID] 34105
[作者] 【ちんくる】
[概要] ハイキュー!!裏物語(逆ハー気味)梟谷×音駒With YOU…。
[ジャンル]  二次元
[ページ数]  3790
[PV数] 2709659PV
[しおりの数] 780
[作品公開日] 2016-12-11
[最終更新日] 2018-12-15 07:59
[拍手] 12069

[ランキング]

総合  44位 (過去最高 10位)
昨日  41位
[ピックアップ]  7回
[作品説明]
蝶は華に止まるもの

華は蝶に止まって欲しくて

咲き乱れ甘い香を振りまき
誘い寄せ

自らの蜜を
種をその綺麗な

身体に移つす


    華は言った


羽根を休めて
__おれの元で………




    華は言った


翔びたきゃ翔べばいい
__俺の蜜を飲んでから………




    華は言った


そっちの蜜は苦いぞ
__俺の元に来い………



    華は言った


自由に止まればいい
__でも最後は俺の元へ………




   蝶は舞う

       華の周りを

   華は咲く

       蝶の周りで


    蝶が最後に止まるのは__?




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

孤爪研磨

黒尾鉄朗

赤葦京治

木兎光太郎

この四人との逆ハー風の
恋愛物語です

【白昼夢】

1幕  三日月の満たし方(完結)

2幕  太陽の出づる場所

に、続く長編 第3幕

これらは全て
大きな一つの物語となっております

前作を読まなくても
分かる内容にはするつもりです

今作の主人公

デフォルト名

布施 姫凪

前作主人公

ナナ
(NAME4で変更可能)

黒尾に思いを寄せる女性

アンナ
(NAME5で変更可能)

その他 名前変更出来る
キャラが出てきましたら

追加でお知らせします


第1幕は月島蛍のエンドを
反映させて頂きます

予めご了承下さいませ


それでは

ごゆるりと

お楽しみ下さいませ

【ちんくる】








[タグ]
ハイキュー】 【月島蛍】 【黒尾鉄朗】 【孤爪研磨】 【木兎光太郎】 【赤葦京治】 【音駒】 【梟谷】 【烏野】 【逆ハー

ピックアップする 拍手する
[ レビュー]
[評価] ★★★★★
完結して改めて
「華」と舞う蝶のひたむきさに
涙しました。

そして
クロ、研磨、木兎さん、赤葦、
この4人4様の「華」の咲き方に
心打たれました。


完結、そして番外編更新、
ありがとうございます!

最初からまた読み直して
ああ、この作品は
こんなにも切なかったんだな、と
しみじみ感じています。


これから読まれる方にお伝えします。

どのキャラが推しでも
この「夢」は
受け入れ難いかもしれません。

でも
激しい裏描写に込められた
それぞれの切ない情愛を
受け入れることで
「華」を咲かせようとする
夢主に共感できるはず…

かなりな長編ですが
是非読み進めてほしいです…!
[投稿者]ざん
[投稿日]2018-11-19 21:57
[評価] ★★★★★
本編の完結嬉しいような寂しいような、ずっと読んでたいくらい本当に面白かったです!
そして今日黒尾さん誕生日ですね♪
番外編もすでに引き込まれてます!
研磨も黒尾さんも木兎さんも赤葦もみんな大好きです!
ちんくるさんの書くみんなのキャラが本当に大好きです!
この作品は何年か経ってからも何度も読みたいなって思えるくらい引き込まれてドキドキして大好きな作品です。

読めば読むほど登場人物みんなが好きになります!
こちらの作品を読んだ上でまた原作やアニメ見直したくなります!
これからもずっと応援しています♪
日常にスパイスをありがとうございます♪
[投稿者]ijfc
[投稿日]2018-11-17 19:20
[評価] ★★★★★
本編完結、おめでとうございます。
以前「これは逆ハーではなく4人との純愛ストーリーだ」とレビューを書かせていただきました。

その通り、夢主と4人の純愛は何度も何度も惹かれ合い、反発し合い、時には複雑に入り乱れます。
そこにあるのは思春期の気軽な恋愛ではありません。
お互いがお互いを想い合う、心の強さゆえなんです。

その想いの強さが小さなゆがみを産み、大きなひずみとなって5人の関係を襲います。
その複雑な関係がどう落ち着くか、是非多くの読者さまに見届けていただきたいです。

沢山の涙と幸せをありがとうございました。
番外編も楽しみにしております。
お身体に気をつけて執筆なさってください。
[投稿者]りおん
[投稿日]2018-11-16 09:08


この小説のURL


この作者のほかの作品

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp