ドリーム機能あり

いろはに鬼の ちりぬるを【鬼滅の刃】
連載中

[ID] 30065
[作者] 栗駒
[概要] 誰かの傍には 色 がある。
[ジャンル] 二次元
[ページ数] 466
[PV数] 1791822PV
[しおりの数] 1414
[作品公開日] 2019-08-17
[最終更新日] 2020-01-27 23:32
[拍手] 1103
[ピックアップ] 2回
[作品説明]


 わかよたれそ つねならむ

 うゐのおくやま けふこえて

 あさきゆめみし ゑひもせす


 逢はむんとそおもふ

          きみがため










  ❉      ❉      ❉


鬼滅の刃の長編夢
勢いのまま見切り発進したので諸々未定
とにかく鬼滅で書きたかった!それだけ。

主人公は鬼と成った者
お相手はもしかしたら冨岡義勇さん(未定)

作者は本誌派です
重大なものはなるべく出さないようにしますが、拙作に必要な情報はそろっと出てくる可能性あり(注意!)

作者は煉獄さん愛なので、柱勢を中心に話が進む予定
かまぼこ隊も好きなので、後々炭治郎や禰󠄀豆子達も出てくる予定(作者イチ推しは禰󠄀豆子です)
勿論しのぶさんも大好きですしのぶさん好きしのぶさんに踏み付けられたい

原作重視派なのでなるべくキャラ崩壊しないよう努めますが、初鬼滅なので色々汚点は目を瞑って下さい
また原作沿いのようで、諸々オリジナルもぶっ込んだ話になってます

R18未定ですが、初っ端からグロ多発(注意!)
夢主の立場が立場なだけに、初っ端から甘々ほのぼのなんて程遠い(注意!)
そのうちギャグや甘さも入れられたらいい、な
話の流れがそうなるなら、R18も入れていく所存

視点はその時々によって変更有り
三人称視点も有り

心の速度は夢主や義勇さん達に任せるので、恐らくゆっくりめ
それでも良いよ。な優しき御方がいれば、お付き合い下さると嬉しいです


デフォルト名:彩千代 蛍(いろちよ ほたる)
※主人公の細かな名前設定がありますので、下の登場キャラクター名にて登録お願いします↓


栞・拍手・エモ・PV・レビュー
ありがとう御座います、大きな糧です❉
19.10.3/20.1.2
ピックアップありがとう御座います❉
19.12.16
総合1位ありがとう御座います❉

❉2020.1.15❉
殿堂入りしました
作品に触れてくれた全ての方に、心からの感謝を。

※ネタバレ有り
※勢い任せの発進なので不定期更新有り
※収集付かなくなったら唐突改変削除も有り
※無断転載・誹謗中傷 禁止

ご了承下さい<(_ _)>


ピックアップする 拍手する
[ レビュー]
[評価]★★★★★

改めて駒ちゃん殿堂入りおめでとう◡̈♥︎
Twitterで知り合った後で読ませて頂いたけど、私ではとても書けない素晴らしい作品だと思いました。
元作品を知らなくても、義勇さんや登場人物がわかりやすく描かれていたので元作品を知らない方でも是非読んで欲しいです。
また私が是非皆様に注目していただきたいのはセリフ以外の情景描写です。
書く側になってから如何にそこが難しいか理解しているつもりです。セリフよりも遥かに私は悩みます。
しかし、繊細に描かれていることで目に浮かぶようでした。……私には書けない。笑

忙しいと思いますが、ファンとして更新を楽しみにしています!
[投稿者]憂璃
[投稿日]2020-01-21 23:24
[評価]★★★★★

殿堂入りおめでとうございます!

この作品を読んだ後から原作に入った者ですが、原作を読んでいると「蛍ちゃんはいつ出てくるかな?」と探してしまいます。それだけ原作に忠実な雰囲気を作りだしているのに、オリジナリティあふれる話なので先を読む手が止まりません。

健気だけど周りへのツッコミも忘れない蛍ちゃんがすごく好きです。柱の人達も魅力的で、どの柱と絡んでいても、にやけてしまいます。鬼側も関わってきて、今後どうなっていくのか展開が読めず楽しみです!

日々の更新ありがとうございます。ですがお身体に気を付けて、無理せず頑張ってください。応援しています!



[投稿者]木ノ子
[投稿日]2020-01-16 18:09
[評価]★★★★★
殿堂入りをおめでとうございます。

日常生活のスパイスになっています。

テンポ良く、予想の斜め上をいく展開、そして思わず叫びたくなるページの切れ目に
携帯を握る手に力が入ります。
毎回『次へ』のボタンを押すことが楽しみです。

そして、むきだしの感情からくる飾らない本音の数々に何度、魂が震えたか分からないです。
登場人物達のその本音は作中の地の文や会話にそれぞれしっかりした裏付けの背景が丁寧に描かれているので、とても深く心に響きます。

連載開始から約5ヶ月、
いつの間にか落ち着いた時間にこの小説を開くことが習慣化してしまいました。

素敵な物語をありがとうございます。
[投稿者]むく
[投稿日]2020-01-15 06:35


この小説のURL


この作者のほかの作品

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp