• テキストサイズ

実況者短中編集-裏編-

第1章 独占欲/ky



 「ちょっ…キ…ヨ…んっ…」

キ「んっ…ん…」



私の仕事が忙しくて1ヶ月ぶりに彼氏であるキヨと会った瞬間、挨拶もそぞろに唇を奪われました。
家に入ってからで良かったです←



 「な…に…キヨ…っ…んっんぅ」

キ「…っ。もっと…キス…しよ」

 「待って…キヨ、落ち着いて…んっっ」



あれ…キヨってこんなにキス好きだったっけ?



キ「ねえ。何考えてんの?」

 「え…?」

キ「今目の前にいんのは俺でしょ?俺以外の事考える必要なくない?」

 「えぇ…(いや、貴方の事考えてましたけども)」



どうしたキヨ?私が知らないキヨが出てる…!!



キ「はー、もう…」

 「え…んんっっ」

キ「べット行くぞ」

 「なんでっ!?…って…ええっっ!!」



問答無用にお姫様抱っこされる。
あの細い腕のどこに私を抱き上げる力があるんだ…。

なんて思っているうちに寝室に着き、少し乱暴にベットに放られる。



 「ちょっと…手荒…って!!服脱がそうとしないでっ」

キ「うるさい」



また塞がれる唇。



 「やっ…んっ…」

キ「かわいい…」



あっと言う間に脱がされた服は無残にも床へ散らされ、先ほどからキヨは私の体中にキスをしながら、キスマークをつけようとしてくる。

/16ページ 
スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

スマホ、携帯も対応しています!QRコード

©dream-novel.jp