ドリーム機能あり

陽だまりの先へ【鬼滅の刃/音夢💎】R指定有
完結

[ID] 75555
[作者] 憂璃
[概要] 古の陰陽師一族の生き残りが音柱との愛を紡ぐ物語
[ジャンル] 二次元
[ページ数] 2859
[PV数] 5651131PV
[しおりの数] 1499
[作品公開日] 2022-01-10
[NEW最終更新日] 2023-03-10 06:15
[拍手] 3866
[ピックアップ] 8回
[作品説明]


──遠い遠い昔から続いてきた古の一族。

式神を従え、邪を払う。
時に疫病を終息させ、時に天候をも操り干魃を助け、人々を恐怖の底に突き落とす怖い怖い鬼から人々を守った。

五芒星を携えて、人々から崇め奉られたそれは陰陽師。

しかし、鬼の勢いが止まらず陰陽師の一族は善戦虚しくその血は途絶えた──


──かのように思われた。



しかし、粛々と反撃の狼煙を上げるために準備をしてきた。


ただ…それを奴が嗅ぎつけたのが思ったよりも早かった。


すべての始まりはそこから。


古の一族の生き残りは怒りと悲しみを力に変えて前へと進む。


神楽 ほの花(19) デフォルト名(※※追記有)
陰陽師一族の生き残り
五芒星の付いた舞扇を携えている。

神楽家の5人兄弟の末っ子。上4人が兄、1人娘。
跡取りでもなかったため、歌の修行と称して護衛3人を連れて全国津々浦々歌って回っていた。3ヶ月ほど留守にして帰ると住んでいた隠れ里が血の海となっていた。


物語はここから始まります──



※宇髄天元様のお話を書くと決めた以上、原作をかなり脚色してしまっています。原作のお話を忠実に再現されたお話を読みたい方はこちらでお帰りください。しかも当方同作品の長編夢小説は初めての試みです。解釈違い等あったら申し訳ありません。
こちらは作者による作者のための作者の自己満足の作品となります。

それでもいいという有志の皆様のみどうぞご覧ください。


オリキャラが出てきます。
護衛3名は

正宗(25) 一番しっかりしてる。
隆元(24) 義理人情に厚い。
大進(24) 物静かで冷静沈着。

夢主が生まれる前から夢主の家にそれぞれの親が仕えていたため、そのまま護衛の任についた。幼馴染のような存在。護衛としてそれなりに戦えるように教育されてきたので、割と戦える。全員子なし妻帯者。


※陰陽師についても脚色してますので、正しい知識として読まないようにして下さい。これはフィクションです。


2022.11.11 追記設定
デフォルト名を変更しました。
どんな漢字にしようか迷って当て字にしておいたところ、【ほの花】に決まった後にこちらを変えるのを忘れてしまっていました。
今更感ありますが、こちらの名前のが気に入ってるので変更させて下さい。大変失礼しました。




[タグ]
鬼滅の刃】【宇髄天元】【鬼滅】【長編】【恋愛】【R18

ピックアップする 拍手する
[ レビュー]
[評価]★★★★★
リクエストありがとうございました。思っていたよりも何倍も素敵なお話で朝から何回もリピしています。他にもこんな話も読んでみたいなぁ・・・なんて頭の中には憂璃さんへのリクエストで溢れています。
私は陽だまりの💎様とほの花ちゃんが大好きなのでまたここで会えることを心待ちにしています。1年2ヶ月もの間、毎日更新して下さってありがとうございました。また執筆活動を再開したら絶対に読みます‼︎待ってます‼︎素敵な作品ありがとうございました。(本当は既にロスです😨)
[投稿者]amerin
[投稿日]2023-03-10 19:52
[評価]★★★★★

非表示中

[投稿者]ぬっこ
[投稿日]2023-03-02 13:55
[評価]★★★★★
私にとって、かけがえのない作品です。
登場人物ひとりひとりの感情が 読者の胸を震わせます。
誰だって過ちはある…何度でもやり直せることを気づかせてくれ、立ち直る勇気を与えてくれます。
陽だまりには夢の世界を越えた溢れんばかりの愛を感じました。こうして作品にしてくださった憂璃さんには感謝しかありません。

貴女は努力や苦しみを絶対オモテに出しませんね…私が知る以上に辛い事も沢山あったと思います。完結してもなお、こうして愛され続ける作品は、憂璃さんの頑張りがかたちになっているからだと思います。
これからも推し愛たっぷりの作品を楽しみにしてますね✩.*˚
[投稿者]Nyanpe
[投稿日]2023-02-27 20:13

[ 作者リクエスト]

この小説のURL


この作者のほかの作品

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

スマホ、携帯も対応しています!QRコード

©dream-novel.jp