作者プロフィール
日記
お礼とユキと淡雪

昨日は「淡雪ふわり」をピックアップしていただきありがとうございます。
夢小説界では恐らくマイナージャンルだと思われる風強。
読んで貰えるだけでもありがたいのに、ポチッとしてくださった方がいることに感謝感謝です。
本当にありがとうございます!

せっかくの日記なので、「淡雪」のことを少し。
公開分のユキとヒロインの誕生日デート、大人ゾーンに入りました。
が!正直言って今難航しています。
進まない…筆が。パーツが繋がらなくて困ってます。
各シーンごとに文章も完成してるのに、その間の繋ぎ目を上手く表現できない。
たぶん一週間くらい膠着状態。そしてストックばかりが減っていく…。
過去の自分のパターンからこういう時は一度離れてみると意外とサラサラ書けたりしていたので、それを期待しつつ放置してました。
ピックアップのおかげでやる気を貰ったので、また筆を取りたいと思います。

この話を書くに当たって動画をこれでもか!と見返しているのですが(特にユキのシーン)見るたびにユキが好きになります。
クラブに付いてくるハイジとのやり取りは毎回笑ってしまう(笑)
神童の涙の回で、何かを察して一番に自主練に付き合う優しさ。
ニコチャンへの生意気な後輩感。
神童を支えてあげられなかったと悔やむ姿。
六区を走りきったあとの、「永遠に縮まらない二秒」。
好きです、ユキ。
というか、本音を言えばアオタケのみんな好きなんです。
ハナちゃん、監督、ニラ、無駄にマッチョなハナちゃんと夢主のパパも!
本編を確認しながら書きたいシーンがこれからどんどん出てくるので、完結までにまだまだ見ることになりそうです。


難航しているとは言いましたが、ユキとヒロインを書くのはとっても楽しい!
同級生カップル(しかも学生)を書くのも初めてなので、可愛らしさとか初々しさも取り入れながら素敵な夜にしてあげたいなぁ、と考えてます♡

このターンが終わったら、アニメのストーリーに戻ります。
運命の予選会、そして箱根へ。
ユキ以外ではハイジ、王子、神童あたりとのエピソードはまた書きたいなぁ、と。
頭の中では「こんな感じで絡ませたい」ってイメージはあるんですけどね。あくまでも予定。
完結までの道のりは遠いです…。
またどこかで停滞することもあるかもしれませんが、地道に頑張っていきたいと思います。

この度は本当にありがとうございました


エル

[関連ジャンル] 二次元  [作成日] 2020-08-01 19:55:28

日記へのコメント

まだコメントはありません

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp