作者プロフィール
日記
レビュー御礼&諸々。

こんばんは。

今日は従姉妹とお茶してきました。
この前行ったけど、イートインおやすみだった新しいコーヒー豆やさん。
今日は店長さんが居た!
めっちゃ若いwww
この前居た人は、店長さんじゃなかったのかあ…

今回は試飲してみて、ニカラグアの中煎りがヒットしたので、それを200g!
奮発した…(昨日のスタッフ業務でご褒美もらえたから奮発w)
いつものコーヒー屋さんなら、2袋買えるんだぜw
あ、でもちょっとうれしかったのが。
いつものコーヒー屋さんは、生豆ベースで200gなんだが、今日のコーヒー屋さんはローストした豆ベースで200gだった!
いつものキャニスターに粉にしたの入れ替えたら、ちょっと溢れそうになってビビったw

イートインはサイドメニューが一切なくて、ほんとコーヒーだけ飲む感じ。
これがまた…旨かったんだ…マンデリン最高w
フルローストでも、苦味がすごくマイルドなんだよね。
家で淹れると、めちゃ苦味を感じるのに…
どうやって淹れてるのかな。
めっちゃ時間かかるんだよね。
今度、聞いてみよう。

ということで…
嬉しいレビューを頂きましたので、御礼申し上げます。

♡mimimamaさま
災難…なんじゃないかなあw
だってサブタイトル、憂鬱だもんw

もう、元ネタは分かる人にしかわからんけども、そうじゃなくても楽しんでもらえるように書いてるので、楽しみって言ってもらえて嬉しい!

昨日は、マツーオカ将軍が登場しましたが、もう名前考えるのが面倒になったっていうのはナイショ♡
これからも、ギャグなシーンばっかりだけども、どうぞ楽しんでくださいませ!

♡Namakoさま
おお…なまこなら原作読んでるかと思ったが…
読んでなかったか!w

現地人たちねえ…
書いてて楽しかったんだが…
このあとどうなるかしらねっwww

そんなに褒めてもなんも出ないお♡
でも褒められるととっても嬉しいから、もっと褒めて♡←構ってちゃん

先はまだまだ長いので…
どうぞ、ちまちま読んでやってくださいw

お二方、素敵なレビューありがとうございました!

褒められると嬉しくなる♡
作家の活力でございます!

本当にレビューとか、書くのは勇気のいることだと思います。
伝えられるかな?
ちゃんと間違った言葉使わないで言えるかな?
レビューになってるかな?
って不安になることはあると思いますが、作者さんに「面白かったよ!」って気持ちをいっぱい込めてたら、心配ナッシングですよ!

みんなに見られるのが恥ずかしいってことなら、メッセとか…
どうかお好きな作家さんに伝えてみてください。

めっちゃ嬉しいんやで。

あ、結構余ったw

えーっと、日記書く時間がないので…

最近ネットで見かけた名言…
いろんなサイト見て、心に来たのをメモってるんだけど。
最近見たのをちょっとコピペしときます。

この中に、ちょっとでも響くものがあったら、嬉しい。
誰の名言かは、調べてくんりょw



「弱い人は復讐する。強い人は許す。賢い人は無視する」

「この世は危険なところだ。悪いことをする人がいるためではなく、それを見ながら何もしない人がいるためだ」

「おまえは、他人の中にある自分と同じ欠点を鞭打とうとするのか」

「有能なものは行動するが、無能なものは講釈ばかりする」

「教育とは炎を燃え上がらせることであって、入れ物を満たすことではない」

「辛抱強い人の怒りには要注意だ」

「あちこち旅をしてまわっても、自分自身からは逃れられるものではない」

「他人を感動させようとするなら、まず自分が感動せねばならない。そうでなければ、いかに巧みな作品でも決して生命ではない」

「この世は、考える者にとっては喜劇であり、感じるものにとっては悲劇である」

「恐れを抱いた心では、何と小さいことしかできないでしょう」

「自分の言ったことを決して取り消さない人は、真理よりもおのれを愛する人間である」

「憎しみは人間を生かし、力を与える」

「怪物と戦う者は、その際自分が怪物にならぬよう気をつけるがいい。長い間、深淵をのぞきこんでいると、深淵もまた、君を覗き込む」

「弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ」

「アイディアの秘訣は執念である」

「あきらめてしまうと、癒やしようのない不幸も和らげる」

「荒々しい毒づいた言葉は、根拠の弱いものであることが多い」

「いつまでも人を恨んではならない。貴方が恨んでいる人は、人生を楽しんでいる」

「自分が幸福になるだけでは不十分だ。人が不幸にならなければ」


それでは!

[関連ジャンル] 人物  [作成日] 2020-01-14 01:33:53

日記へのコメント

まだコメントはありません

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp