作者プロフィール
日記
レビュー御礼&迂遠の空談#37

こんばんは!

今日は忙しかった!
ラグビー(スコットランド×ロシア)からの野球CSファイナル・W杯バレー!
もうチャンネル変えまくってました。
そして、叫びまくったw

ということで、まずは嬉しいレビューをいただきましたので御礼いたします!
ヘブシュガⅢ「夏の終わり」のネタバレを含みますので、未読の方は♡から◇マークまで飛ばしてくださいませ。





♡shioriさま

はじめまして!
まずは、長い期間、読み切っていただき、ありがとうございました~!
本当に長くなってしまって、ごめんなさいね。

大どんでん返し…またやっちまいました!w

そうですねえ…
翔は…気づくのかなあ…

和也は、この夏あの家に来た瞬間から…
いや、翔の部屋に深夜行った瞬間かな?
潤の影響を受けていたように思います。

だから、もしかしたら翔に対して抱いた気持ちは、潤のものだったかもしれない。
潤の体からも、また甘い匂いがしたのですから。

どこからが和也で…どこからが潤なのか。
それは書いた私でもわからないのですが…
最後の1ページよりも前に、もしかしてこれは和也じゃないんじゃないかという箇所がありますので、探してみてくださいね。

て、読み返すにはちょっと長いかなw
お暇があるときにでも、ぜひ…

素敵なレビューと、応援までいただき、ありがとうございました~!

これからも、がんばります!










ということで…
昨日、ヘブシュガⅢの短編?が完結いたしました。
久しぶりに個人の作品書いたかな…

相変わらずの、のさまじょでございましたw

しばらくは青玉の執筆に専念するので、のさまじょ個人は予定は未定でございます。

個人のほうは、しばらく連載をしていなかったのですが、こうやってレビューいただけたり、メッセいただけたり…
待っていてくださる皆様がいるのだと、再確認させて頂いております。
本当に、ありがとうございます。
本当に、おまたせしてしまって申し訳ないです。

前ほど大量に書くことができなくなったことと、私なりの質にこだわるようになったこと。
あと、活動休止発表があり、モチベーションをどう保って良いのかわからなくなったことなどが、以前ほど連載を持てなくなった原因かと思っております。

あと、青玉も楽しいです。
自分では絶対に出てこない展開…自分では絶対出てこないセリフ…
そういう刺激を貰いながら、4人でひとつの作品を書いていくってことが、とっても勉強になっておりますので。

書くからには、成長したいです。
前に進みたいです。

昼ドラみたいな、毎回同じパターンのものも愛されると思いますが、私自身はもっともっと、自分自身も裏切るようなものを書いていきたいです。

脳みそがワクワクするようなやつ。

でも、本当に継続して書いていくって難しいですね。

過去にたくさんの作家さんの小説を読みましたが、やっぱり読んできたものの癖が移ったりとか、どっかでみたような文章にどうしてもなってしまうことがあったりして。

とても苦しみます。

それに毎回同じ人物に当て書きしているので…
その点、ノンリアルはやっぱりやりやすいのかもしれませんが。

リアルとノンリアルだと、やっぱりどっちも違う種類の同じような壁があって、毎度乗り越えるのに苦労しています。

書きはじめの頃の、勢いと情熱があると、そういうのも乗り越えられるんですが…
やっぱり落ち着いてくると、どうしたらもっと面白くなるのかとか、どうしたらもっと感情を伝えられるのかという部分で、悩みだしますよね。

悩まない人がいたら、そりゃパクってるか天才かw
どっちかでしょう。

みんな、悩んで。
みんな、いろいろ削って。
大事に大事に作品を書いてるんですよね…

皆さんの作品を読んでいると、とっても勉強になります。
好きが一杯溢れてる作品を見ると、幸せになります。
不遇なのを見ても、背後に愛が見えたら幸せです。

そんで、私と一緒で苦労して書いてるんだろうなあって勝手に思ってますw

一緒にがんばろうぜぇ~w

でも…総合すると、やっぱり書いてて楽しいから、書いてるんですよねっ!

楽しもう!楽しんで書いていこう!
自分なりのペースで…そう思ってます。

大変、遅いペースではありますが、これからも書いていけたらと思っておりますので…

応援、よろしくお願いいたします。




なんかもう、スポーツの世界大会やシーズンファイナルありすぎて…
最近テレビつけっぱなしだよw

バレーと野球とラグビーは外せない…
他のは見れたら見る!w

頑張れ!日本~~~!


[関連ジャンル] 人物  [作成日] 2019-10-09 22:32:17

日記へのコメント

まだコメントはありません

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp