作者プロフィール
日記
にこぷんがね…

おかいつ60周年記念ウィークだそうで、歴史を振り返る的な放送でした。
SNSとかで取り上げられてましたね。
そりゃあもう私も懐かしい!
にこぷん〜ドレミファ世代…まぁそんな感じでして。
私はおおう!となったのですが、娘はというと「お前たち誰だ!いつものお姉さん達はどこ行った?」という感じでポカンとしてましたw
まぁそうよな。
今日は歴代歌のお姉さんがフィーチャリングされてたので、明日はお兄さんかな?
そんで、ドレミファが流れるのかな。
録画しようかと思ったけど、娘的には面白くないか…とやめました。
違う枠でやってくれたら良かったのに〜(笑)


と、久しぶりに日記を書いてみました。
生きてます。
執筆は相変わらず亀。
中々まとまらなくて&いまいち納得のできるセリフ回しが出てこなくて駄目ですね。
はぁ…年月だけが過ぎ去って行く(^_^;)
そして前に書いた設定を忘れてしまって読みなおす、が増えてしまって余計に進まないw
一人称とか忘れません?(笑)
脇役だと特に、わたし、私、あたし、あたくし…どれだっけ?ってなってます。
一覧作ってたつもりがコイツだけ無い!とかね、ありがちです。
設定ノート引っ張り出して書くのができないので(娘にぐちゃぐちゃにされがち)辛い。


そんなこんな、予定日まで50日を切りまして。
重たいお腹に腰痛やらなんやらで基本的には横になっていて…体力が無いw
出産が少しずつ怖くなってきました…。
陣痛、出産は大丈夫なのよ。
その後よ。後産ね。これ、娘のとき痛くて痛くて分娩台の上でのたうち回った。
絶叫した。
出産までは静かに終えたのにね(笑)
娘が出た後、会陰縫合も痛くなくてもう終わった、燃え尽きた…と思ったのにさ、お腹をグイグイ押さえつけられて(中に血が溜まってたので排出するため)もう痛いのなんの。
陣痛より痛い。しかもいつ終わるかわかんないし、先生が押すから痛いので痛みが引く瞬間もない。
これをまた味わうのか、と…。
これが一番怖い。

それから、後陣痛。
授乳の度に乳首も激痛やったけど、乳首への刺激で 子宮が収縮するので、陣痛みたいな痛みがやってくる。
これも酷くて…授乳中に飲める痛み止めが私の飲めないタイプしか無いので処方なし。
これ…二人目の方が後陣痛強いって聞くんですよ。
マジすか…嫌だ…。

あー、痛いのヤダよー!
産後痛いの辛い…嬉しいゴール無いの辛い。
本陣痛中に腕やら手に力入れ過ぎて、産後とんでも無い筋肉痛になってしまったのだけどコレは回避したいなぁ。
でも痛いとベッドのパイプ部分とか握りしめちゃうよね…。
どうしたらいいのかなぁ〜。


などと、不眠気味で眠れない夜の時間潰し。
執筆しなきゃ、なんですが(-_-;

ではでは、次に日記書くのは産後かな?
いつだろう(笑)

皆様、暑さに負けず、かといって無理せず猛暑を乗り越えましょう。
ほんとね、甲子園のチラっと見る度に熱中症に気をつけてね…!とばかり考えてしまいます(笑)

[関連ジャンル] 完全創作  [作成日] 2019-08-13 02:39:14

日記へのコメント


はちさん>
懐かしかったよねぇぇぇぇ!!
他にも小さいコーナーが懐かしく…あぁこんなのあったなぁと。
ひろみちお兄さん&よしお兄さんが本当に長くやってたんだなと思うと同時に歌のお兄さんお姉さんはこんなにいっぱい変わったのね!と衝撃でした(笑)
もし孫が出来てまた数十年経って見ることがあったらガラピコも懐かしいのでしょうね〜。


あっという間に臨月間近です。
痛いのだけがとりあえずイヤ…それ以外は産後ハイで頭の中お花畑でした(笑)
これまた懐かしいですよね、新生児。
小さくて可愛いだろうなぁ〜。

書き込みありがとうございました!
ではでは(^^)/
[投稿者]妃杉さん [投稿日]2019-08-20 11:09:51

なにからコメントすれば良いのか分からない!!
たくさんあるの!伝えたいこと!
私も、にこぷん(少し)ドレミファ世代マン!その週懐かしくて、ガラピコじゃない!?唖然とする息子氏に我慢してもらい見てました!
弟が見ていたグーチョコランタンが歌えた自分にびっくりしておりました!
ひろみちお兄さんに感動!

って、えー!?あと50日!?もうそんなかー!!痛い経験思い出しちゃうけど、嬉しかった経験もあるはずー!
出産はいつも違うというから、今回は違うことを祈ります!
後陣痛少なかった人なので、大変だね!?としか言えませんが……:( ;´꒳`;):ガンバレ

無理し過ぎずにー!ではまたー!
[投稿者]はちさん [投稿日]2019-08-19 18:27:08

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp