作者プロフィール
日記
迂遠の空談#8&レビュー御礼

こんにちは。

今日は冷え込みも厳しくて、体ががちごちに硬い…
寒さで力はいっちゃうんですよね。
家の中にいるのに、ホッカイロつけました。

雪の降らない地域に雪が降ったりすると、転んだりして大怪我されることもあると思うので…←
この寒さはまだ続きますが、皆様お気をつけくださいませ。

さて、大変遅くなっております。
レビューの御礼をさせていただきます。


♡うめさま
濡羽色、読んでいただきありがとうございました!
私の好きな大宮なんだなあと思うとともに、ニノと一緒になにか自分は予感しまくってたんだろうなとw
ご本人たちに忠実にあろうとして、ピンクは少なくなってしまいましたw
ここがリアルの難しいとこで…キャラをどこまでこっちに寄らせるか、難しいねえ…いつになっても。
大宮、やっぱり好きだ!
うめちゃんにかわいいっていってもらって嬉しかよ!

♡minnさま
・カラフルⅤ
ビリジアン、読んでくださってありがとう!
光が強ければ強いほど、闇って影が濃く出るんですよね。
相葉ちゃんという光に照らされてしまった智は、より闇の部分を濃くさせてしまう。
でも相葉ちゃんの一途な愛が勝っちゃった!w
本当に彼は、「光」なんでしょうねえ…
私も最後笑っちゃったw
・ヘブシュガⅢ
約束、読んでくださってありがとう!
綺麗な愛かあ…
書いている時は、そんなことも考えられないくらい必死で。
私も言葉がでてこないんですよ。
この作品に関しては。
和也の愛=私の嵐愛と捉えてくださって、照れくさいですが、そうなのかなあって…
また、私もいつか読み返したいと思います。

♡高齢者さま
ヘブシュガⅢ、読んでくださってありがとう!
そうですね。
いつの日か。また、いつか…
一緒に笑い合える日が来たらいいね。
まだ思いは複雑ですが…
そういう日が、きっと来ることを願っています。
まだまだ先は遠いけどね。
歩いていれば、たどり着けるかもしれない。

♡あにゃさま
ヘブシュガⅢ、読んでくれてありがとう!
残酷だけど、深い深い愛かあ…
殺したいほど愛してるってよく言うけど…
またそういうのとは違って。
相手の願いを、自分の気持ちを押し殺してでも叶える。
そんな愛ってちょっと壮絶だなと。
あにゃの感想を見て思いました。
て、これ自分で書いてるやんw
書いてる時は何も考えてなかった。
自分じゃない人が結末を書いたようにも思える。
深層心理なのかしらね…

♡mimimamaさま
ヘブシュガⅢ、読んでくれてありがとう!
そこにあるのは、愛でしたw
途中までね、意識して書いたものだったんですがね。
最後の方はなにかに乗り移られてた感があります。
なんであんな結末にしたのか。
最初から考えて書いてたわけじゃないからわからない。
でも、思いついてから書くのには迷いがなかった。
自分でも泣きながら書いたんで…
また泣かせてやるw

♡チャコさま
ヘブシュガⅢ、読んでくれてありがとう!
ぎゅーってさせてやったぜw
私の愛なのか、和也の愛なのか…
わからないけどw
チャコにそれを思わせるほどのものが書けたってことで。
よかったw
苦しいだけじゃない話が書けて良かった。
途中までは苦しかったよ。
でも、最後は一緒に泣いてたわw


皆様、とっても素敵なレビューありがとうございました。
大変遅くなってしまい、申し訳もないです。

うめちゃんのレビュー頂いてからチャコのレビューまで、天国と地獄を味わっていたのですねえ…

コンサート行って楽しかったのになあ…
大阪楽しかったなあ…

なんて、レビューを見返していて思いました。
気がついたら、もうあれから二週間経ったんですね…
そして、私がコンサート行ってから一ヶ月経ちました。

えええ…!?
一体、なにしてたんだろ…

全くわからないw

なんだか、あんまり記憶もないんですが…
やっとここのとこ、ちゃんと食べた記憶とかも残っているので、やっと戻ってきたんだろうと思っています。

やっぱ、ここで掲示板と作品を1つだけですが書けたことが大きいのかなと思います。

自分にはやっぱり文章を書いて心の中を整理するのがいいのかなと思います。

あと、好きだった音楽を聞くこととか、絵を描くこととか…
もちろん友達となんでもない話をするのもいいことだと思います。

まだまだざわついている方も多いと思いますが…

皆さんの心に平穏が訪れますように…

まだまだ彷徨っているババアは、腹が痛いので寝ますw

[関連ジャンル] 人物  [作成日] 2019-02-11 15:41:47

日記へのコメント

まだコメントはありません

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp