作者プロフィール
日記
Namakoの珍海便り①

ども、Namakoです(^-^)

皆さん日記のタイトル一新されてたので、私も便乗♪

変えてはみたけど…どうなんだろコレ(;^_^A

深海→珍海…

微妙だけど、私らしくていっかぁ(笑)



昨日ね、夜遅くになんだけど、高校時代の友達から電話かかって来てね…

その友達、遠方に住んでることもあって、数年前までは夏休みを利用してこっちに帰って来た時には会ってたんだけど、ここ数年はお互い忙しいのと、子供達の受験が重なったおかげで、年賀状のやり取りしかしてなかったの。

そしたらいきなりの電話ですよ。

何事かと思ったら、息子くんが元日に入籍したと!

当然私、「は?」ですよ(笑)

だって、私が記憶してる息子くんて、まだ高校生の頃だもん。

その息子くんが結婚したとなると、そりゃ驚きもしますって(;^_^A

でも翌々考えたら、その友達、高校卒業と同時に一回り上の人と結婚して、その次の年にはお腹おっきかったから、高校生だと思っていた息子くんだって、もうすっかり立派な社会人になってるわよね(;^_^A

まあでも、産まれた時から知ってる子だから、色々複雑な心境ではあるけど、喜びの方が大きくて(^-^)

来年…違う!

今年の夏は、立派な大人になった息子くんと、そのお嫁ちゃんと一緒に会えることを約束して電話を切りました。

ほんとね、我が子の成長ってあんまり感じられないのに、他人の子ってのは、どうしてこうも感じるんだろうね?

年取った証拠か?(笑)


まあそんな嬉しい知らせもありつつ、ムカつくことあり…


今朝ね、娘寝坊してさ…

私も何度か起こしたんだけど、二度寝、三度寝を繰り返した結果、自転車と地下鉄を乗り継ぎしてたら、確実に間に合わない時間。

結局、私学校まで送り届けるハメに…(;^_^A

ギリ間に合ったけどね?

その後よ…

娘学校付近で降ろし、コンビニに寄ったのさ。

そしたらさ、そこのコンビニ駐車スペースが狭くて…

3台しか車停められないの。

なのに、だよ?

その3台分のスペース全部に、自転車がズラーッと並んでるわけ。

どうも部活の遠征に向かう中学生の軍団だったみたいだけどさ、詰めて綺麗に並べれば、いっくら狭くたって2台分くらいには納まる筈なのよ。

流石に私もムカついて…

お店に注意に行こうと思ったの。

でもやめときました。

店員さん、外国の方だったし、見るからに中学生の大群相手にテンパってたから(笑)

それにもう少し先に行けば、違ったコンビニもあるしね?

下手に注意して、とばっちり受けても面白くないしね?

でもさ、思った。

譲り合いとか配慮って大事よね?

この歳になったからなのかな、特にそう思うわ(;^_^A

平気で列に割り込んだりとかさ…

ほんと凄い人いるもんね(笑)

あ、私はしませんよ?

そもそも列に並ぶ行為自体が苦手だから(笑)

仮に私が列に並ぶことがあるとすれば、子供達か友達を先に並ばせといて、順番が来てからしか並びませんから(笑)

まあ、それもそれでセコいっちゃセコいんだけどね?



でもホント、譲り合いの精神を忘れてる人が、どこの世界にもいるもんなんだな〜、なんて漠然と思った朝の一時でした。


私も心がけよう!





あ、MIYUちゃん、2周年おめでとう🎊

最初の頃の勢いって、やっぱ薄れて行くもんだよね。

私もそうです。

でもね、何でもそうだと思うんだけど、続けることが大事であって、進歩や成果なんてもんは、継続したことで後から着いてくるもんだと私は思ってます(^-^)

なので、これからも焦らずゆっくり自分のペースで頑張ろう♪

継続は力なり、ですわ(^_-)-☆




ってことで、新装開店一発目の珍海便りでした(笑)


Namako💙💚💛💜❤

[関連ジャンル] 人物  [作成日] 2019-01-12 18:41:05

日記へのコメント


Namakoさん、こんにちはー!

「珍海便り」良いですね(^.^)

これからも楽しみにしております(^-^)

お祝いコメントありがとうございますーーーっ!

突然私の名前が出た時はビックリしましたが、めちゃくちゃ嬉しかったです!

ホントに配慮って大事ですよね。

私がその場に出くわしたら絶対文句ダラダラですよ(^_^;)

でも小心者だから何も言わずに帰るかも…(-_-;)

これからも日々精進して頑張って行きます!

「継続は力なり」

ですよね(^o^)v

素敵なお言葉ありがとうございました!

[投稿者]MIYUさん [投稿日]2019-01-13 00:36:29

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp