作者プロフィール
日記
閑人駄語☆80&カラフルⅤ第三章完結

こんばんは。

ちょっとお知らせ過多につき、日記まで失礼。

先程の更新でカラフルⅤ「アリストテレス」が完結しました!
潤バースデーの書いたお話、やっと完結しましたぁぁ!
一気読み組の方、大変おまたせしました!
どうぞ今宵からお楽しみくださいませ。

えー、あとがきと重複してしまうので…
アリストテレスのお話は…そうだな。

あ、そうそう。
久しぶりに自転車操業で書きましたw
ストックあまりしないで、書きました。
ので、いろいろとあとになって「あわわわ」ってなって辻褄合わせるの大変だったw

なんせ、思いつきで書いてるんで…
プロットなんか立てないんで…

最近は、ストックしてちまちま直しながら書いてたもんで、久しぶりにジェットコースターな気分で書いてましたw
だからなんか新鮮でした。

お蔭で無駄にピンクシーンが長くなった…
あ、決して濃いという意味ではなく。
むしろ今回は薄くなるよう頑張ったんです…
なるべく擬音とか入れないようにしてw

なんかね、エッチ云々よりも、二人の関係性を描きたいなって思って。
夜の街を二人で歩いてるとことか…二人の歴史があった上での会話をね、描きたかったんです。

だから、エッチシーン長いけど、濡れるような濃いものにはしてませんので…
ごりょうしょうくださいましいいいいい!

そしてそして…

本日カラフルⅤが殿堂入りさせてもらったので…
次のカラフルはその記念にさせてもらいます。
で。
多分アンケートをすることになると思います。
それも数回に分けて。
なので、そのときになったらご協力お願い致します。

ファン登録のお礼のお品は、これからちまちまと書いていきますね~。

いつの間にか…
バタバタしてたら2300名様に…

本当にありがたいです…
ありがとうございます!

明日からはヘブシュガを中心に更新しますね。
あとはストックできたら…順次。


ということでね…

本当は昨日日記書こうと思っていたんです。
今日もね、本当は飛び上がるほど嬉しいんですが、そこまでテンション上がらなくて…
実は一ページも書いていません…

昨日出た、衝撃的な報道で魂抜かれました。

もうなんのことかはおわかりかと思いますが…

もう、ホント…ショックで。

彼らがジュニアジュニアしてた頃から、ずーーーっと見てたし…
最近タッキーの露出が多いなとは思ってたんですよ。

最後のご挨拶行脚なんだね…

心配だね…翼の体調。
あれは甘い病気じゃないと思っていたけど、やっぱりそうだよね…

もう、いろんなことがショックすぎて、手につかなかった。

別にファンじゃないし。
でも、小さい頃バックで踊ってた彼らを見てたし、その成長を見てきた分、なんか…

すばるのときもそうだった。

私が一番見てたジュニアの世代だから…
黄金期の一歩手前なんだよね。
私がよく見てたの。

ショックがでかい。

それとともにね…

嵐に近い世代のグループでなんかあると、絶対余波が来るのが…
マジで、とばっちりは勘弁してほしい。

すごくファンにとっては悲しいし、すごく絶望的なお知らせが続いているから、担当さんたちのことを考えると、私まで悲しくなってくるし…

もしもって思うと…

こんな日が、絶対来てほしくないけど…
スマ兄さんたちを見てるから、もう”絶対”なんてないよね。

ただただ、彼らに健やかで楽しく仕事がしてほしいだけなのに、余計な報道やらスキャンダルやら…
いらないよもう…私は”夢”に課金してんだからさ。

わかってるよ生身の人間だって。
知ってるよそんなこと。

でもさ。
そういう風に商売してるんだったら、徹底してくれよって思う。

それでご飯食べてんだからさ…
趣味でやってんじゃないんだからさ…

まず大本の事務所がなあ…


マヂムリ…


空から降る一億のきゅうり状態です。



ということで、楽しくないね。
この日記…
ごめんなさいね…

ファンの方にとってはこんなショックなことはないと思う。
もしもファンの方がいたら、元気出してって簡単に言えないくらいのショックだと思う。

予感するものがあったとしてもね…

悲しいよね…

私がなんでショック受けてんだよ、と思われる方もありましょうが、この年になると成長を見届けてきた若者が何かを決断する瞬間というのは、泣けるものなのです。

例え会ったことのない芸能人でもね。

そしていろいろ考えるんですよね。
裏にある大人の事情をね…

ああ…本当にショックだ…

ということで、私はわたしで頑張ろう。
カラフルと、天青と、お礼のお品。
お待ちくださいまし!


嵐さんに何事もないように…

[関連ジャンル] 人物  [作成日] 2018-09-15 00:31:42

日記へのコメント

まだコメントはありません

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp