作者プロフィール
日記
閑人駄語☆10

こんばんは!

ゆーきやどんどん!
あられやどんどん!
降っては降ってはどんどん積もるっ!

歌詞違うわ…

ほんとね、童謡の世界みたいにほんわかした雰囲気じゃないっすよw

信越線が止まっちゃったのをご覧になったらわかると思うんだけど、洒落になんないほど降ってますよw

あ、私の住んでるとこはそうでもないんです。
今、40センチくらいかな。
この程度ならまだ大丈夫。

でもうちの県の西側がとんでもないことになってるみたいで…

高速道路と在来線ストップしてました。
今日はなんとか午前中降らなかったので復旧しましたが、午後からまたどんどん降ってる…

雪国で、除雪費用10億円以上あっても、ドカ雪降るとこうなるんですよ…
毎日ちょっとずつ降ってくれる分には、交通機関は止まらないんですがね…
ドカっと降るとだめだね。やっぱ。

敵いませんねえ…やっぱり。
人間はちっぽけなんだなあって思います。

だから驕っちゃだめよね。


大阪、熱くなってるのか~!?
昨日のMCちょっとやばかったらしいねw

にのあい炸裂だったとか。
なに、正月にニノんち遊びに行ったとか…
ニノが迎えに行って、車内にはseasonが流れてて…横顔をみちゃったとかさ。

なに腐れに爆弾投下してんのw
燃料投下してんのw

もうUBからしてそうなんだけど…
今回はあれなのかな。
腐れにいろいろ還元しようと思ってくれてるのかなwww

大阪のコンサート私、だいすきなんだ。
あの雰囲気、凄くいい。

東京と大阪と名古屋のコンに行ったことがあるんだけど、やっぱりいちばん盛り上がるのは大阪だなあって思う。
お客さんのノリがいい!
凄くいい!
すっごい楽しくなる!

あとねえ
大阪の人情っていうのかな。
全部の人がそうとは限らないんだけど、凄くいいなあって思う。

まだ前の場所にジャニショがあったときね。
だからすごい前なんだけど。

友達と駅の地図みながら、どうやっていくんだろうねえって言ってたら、THE大阪のおばちゃんが話しかけてきてさ。
(この当時はまだ携帯のナビがそんなに性能よくなかった)

どこいくん?って聞いてくれてね。
ジャニショいくんよ~って言ったんだけど、おばちゃんにはわからんやろと思ってたんだ。

そしたらさ、娘がジャニーズのファンやねん!だから場所わかるで!
って言って、そこの出口まで連れてってくれたのw

半信半疑でついていったんだけどさ。
合ってたw

ってことがあってね。

その一緒に居た友達は大阪のNちゃん(のんぽりの珍道中に登場します)なんだけどさ、Nちゃんと居ると、多々こういうことがあるw
きっと前世ですごく徳を積んだ方なんだろうなあ。
拝んでおこw

でも、Nちゃんの人徳を差し引いても、大阪いくと結構親切にしてくれるおばちゃんとかおっちゃんが居て。
だから、旅行として行くのも大阪って凄く楽しい場所なんだよねえ。

だからって誰にでもホイホイついていっていいわけじゃないよ!そこんとこ、誤解しないように!

あ、なんでその”人徳が~”とか思うようになったかというとさ。

前に奈良にいろいろあって行った時に、ちょっと観光できる時間があって。ならまちにブラブラしにいったのね。
その時に一緒に行ったひとは、とってもぽやんとしててすごく天然なひとだったんだ。
私よりも随分年上なんだけどね、なんかほっとけないひとで。
決してしっかりしてないわけじゃないんだけどさ。

で、一緒に居たらやたら親切にされるのね。
そして話しかけられるw

何回か別の人と一緒にならまち歩いててもそうはならなかったから、きっとこの人のせいなんだろうなあって思ったことがあってさ。

不思議なんだけど、そういう風にされるひとっているんだなって。
その人とかNちゃんと一緒にいるといろいろミラクルが起こるから、きっとそういうことなんだなあと思う。

前世ですごく徳を積んでいたり、現世でもすごくいいことをしてるんだと思う!

そういう人とのご縁は大事にしたほうがいいと思うわあ…

ほんと生き神様や!拝んでおこ!w

人知を超えたものって、やっぱりあるんだ。
だけどそれは、一体なんなのかは具体的にはわからない。

このお二人に共通することは、凄く人に対する感謝を表すことが上手でね。

感謝だけしてりゃ、善行だけしてりゃいいってもんじゃなくって、多分人をよく見てるんだろうなあって。
そしてそれをどう生かしていくかってことなんだろうね。

こんなんきっと、考えてもできないことだから…

私は私のできる範囲で、なるたけ正しく生きていこうと思いましたw

だって、天然には敵わんもん!www

[関連ジャンル] 人物  [作成日] 2018-01-13 18:42:24

日記へのコメント

まだコメントはありません

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp