私達は偽者シンデレラ
完結

[ID] 31043
[作者] 小夜時雨@移行中
[概要] 出会いがシンデレラに似ているようで似ていない二人組。
[ジャンル] 完全創作
[ページ数] 206
[PV数] 38397PV
[しおりの数] 29
[作品公開日] 2016-07-12
[最終更新日] 2016-12-31 17:01
[拍手] 1983

[ランキング]

総合 131位 (過去最高 31位)
昨日 361位
[ピックアップ] 2回
[作品説明]
?「派手にこけたな…。ケガはねぇか?」



――の靴が脱げた私を助けてくれたのは…。


合コンで知り合った、恐い暴走族のリーダーで有名な彼でした。


?「あいつって真夜中どころか夕方になったらすーぐ帰っちゃうんだよなー。シンデレラよりはえーよ。」


?「俺は後悔していることがある。この気持ちは多分一生無くならない」



シンデレラに似ているようで似ていない私達の結末は…?



こんにちは、星夢です。文体がコロコロ変わってしまうのですみません。



自分なりに研究して納得のいく作品をつくれるように頑張ります。





9月22日 初のピックアップありがとうございます!


[タグ]
恋愛】【シンデレラ】【暴走族】【高校生】【青春】【

ピックアップする 拍手する
[ レビュー]

この作品にはまだレビューは書かれていません



この小説のURL


この作者のほかの作品

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp