ドリーム機能あり

【黒子のバスケ】トリップしたけど…え?《2》
完結

[ID] 11160
[作者] あおい*
[概要] 帝光時代彼に思いを伝えて消えた彼女。再度トリップしたら、彼らは彼女のことを忘れてました
[ジャンル] 二次元
[ページ数] 739
[PV数] 3441336PV
[しおりの数] 1355
[作品公開日] 2014-10-15
[NEW最終更新日] 2016-01-08 21:43
[拍手] 1418

[ランキング]

総合 424位 (過去最高 8位)
昨日 576位
[ピックアップ] 8回
[作品説明]



「興味があるのは君の家だけで、君のことに興味はない」


「俺の中では知らないんスけど…」


「知らん。誰なのだよ」


「あ?
んな奴、知らねーよ」


「ごめーん
俺の中では記憶にないや~」


「青峰くんや、赤司くん達が…」


「真ちゃんってば、覚えてないの一点張りなんだぜ?」


「桃井さんと高尾くん、僕以外の人は帝光の時の記憶を忘れているようなんです」


『きっとまた、消えてしまうよ…』




▽▽▽▽▽


どうも、あおいです(*_ _)ペコリ
これはトリップの続編!つまり高校の話です

ちなみに中途半端なところから始まるので、気をつけて下さい(青峰に負けてウィンターカップまでにもっと強くなることを誓いあう辺りから)



【注意】

・原作沿い重視のアニメ沿いだけど何か違う
・多い誤字脱字(名前間違いの可能性も有ります)
・文章力なし(国語の成績かなり悪かったw)
・キャラ崩壊(前回よりは大丈夫なはず)
・前回よりキャラが増えるため、分かりやすく「」の前に苗字を書きます(ミス多め)
・夢主がモブ
・盗作目的はお帰り下さい


こんな駄作でも良い心優しき方は読んでやって下さい



  start─ 2014.10.15~end─2015.12.25





読む場合は『【黒子のバスケ】トリップしたけど…え?《1》』から読んで頂いた方が分かりやすいと思います

登場キャラクター名を設定から夢主以外の名前を設定して下さい

現在修正を進めております。読みづらくて申し訳ありません





ピックアップする 拍手する
[ レビュー]
[評価]★★★

非表示中

[投稿者]ミキ★
[投稿日]2021-09-14 21:43
[評価]★★★★★
初めまして。今更ながら読ませていただいております。
貴女様の書かれるこのシリーズ、とても好きです。
文章の書き方、ストーリーの進め方....全てにおいてすごいと思います。尊敬します。

ストーリーが綺麗におちつく、というか繋がって、読んでいてとても読みやすかったです!!!
また、所々に笑えるところがあって、面白かったです!

すっかりこの作品に魅せられてしまいました。
これからも応援させてください。
貴方様の作品が大好きです。
[投稿者]缶詰
[投稿日]2019-01-07 00:21
[評価]★★★

非表示中

[投稿者]ねーむれす
[投稿日]2018-02-12 16:36


この小説のURL


この作者のほかの作品

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

スマホ、携帯も対応しています!QRコード

©dream-novel.jp