作者プロフィール
日記
仮案

オンボロ寮の監督生。グリムの保護者。
周りに振り回されているが、実は本人も楽しんでいる。

普段は頑張って標準語を喋るが、時々方言が出る。
エペルよりも分かりづらいと言われている。

まあまあ口が悪い。そして寝起きも悪い。
起きた後は大体寝癖が付いている。

大人っぽい雰囲気が好き。背伸びしたいお年頃。
左目に泣きぼくろが2つある。

コーヒーと紅茶が苦手だが、大人っぽくてかっこいいから無理して飲んでいる。

ペットをたくさん飼っていたため、家に置いてきたペットたちが心配。

のほほんとしているお人好しだが、怒るときは怒る。
たまに毒のように鋭いことを吐く。

写真を撮るのも撮られるのも好き。
度胸があり、神経が図太い。

折紙を丁寧に折ることから足で字を書くことまで器用。

今まで料理をしたことがないので最初は戸惑ったが、最近はすらすら作れるようになった。

雑学が豊富で、ナイトレイブンカレッジにて様々な知識を披露する。




海の中の姿はミズクラゲ。

モストロ・ラウンジには働いていない。
客として毎日来ている。新メニューの味見係。

見た目に似合わず大食い。
アズールからは店員泣かせと言われている。

幼い頃からアズール、ジェイド、フロイドといる。

のほほんとしたお気楽な性格。
全体的にのんびりふわふわしている。

口調がゆっくり。語尾も伸びている。
顔がリドルやエペルのようにかわいい寄り。

じっとしているのが何よりも苦手。
大人しくしなければならないときは隣の人の手をにぎにぎするか貧乏ゆすりをする。

好奇心の塊。
悪ノリはするが、嘘が吐けないのですぐボロが出る。

いつもネクタイのリボンが曲がっている。
そのたびにリドルに直される。

怒ることは怒るが、全く怖くない。
誰に対しても分け隔てなく接するので人当たりが良い。

マレウスのことはちょっぴり怖いと思っているが、友達になりたいという思いも強い。

勉強は嫌いではないが、好きでもない。
しかし先生のことは大好き。

オクタの3人に比べて、飛行術はまだマシ。
クラゲの姿のときの全長は2m。




虎の耳と尾を持つ。
右耳が千切れている。

無口で無愛想。最低限の会話しかしない。
まだ声変わりが済んでいない。

橙と黒の混ざったツートンカラーの長髪をお団子にしている。

長髪をたまにラギーに梳いてもらっている。

レオナからよく食堂から出た料理の野菜のみを渡される。

たまにジャックと一緒に朝のランニングや筋トレをする。

撫でられるのが大好き。
撫でられたら幸せそうに笑う。

レオナからの影響からか、どこにでも寝てしまうようになった。

父親からの虐待により、体の至るところに傷がある。
首や腹など、それらを包帯で隠している。

背が低いのも虐待のせいだが、これに関して本人は気にしていない。




ダイヤのような青い瞳を持つ。

文武両道かつ人望も厚い。先生からの評価も高い。
頼られるのが好き。人からよく頼まれ事をされる。

人助けが好きなだけのお人好し。

動いている姿を全校生徒にもよく見られるので、フロイドか付けたあだ名は『マグロ先輩』。

後輩に対してお兄ちゃん気質。お兄ちゃんと呼ばせたがっているが、なかなか呼んでくれないのが悩み。

よく同級生や後輩のいいところを見つけては、
「いい子だなぁ」、「よく頑張ってるなぁ」
と言っては頭を撫でる。

人のいいところを見つけるのが得意。

ジャミルの苦労をよく知っているため、料理以外を手伝っている。

マレウスのことは正直怖いと思っているが、それでもみんなと変わらずに接している。

ピクルスは嫌いだが、頑張れば食べれないこともない。




海の中の姿はクリオネ。

モストロ・ラウンジに働いている。
普段は厨房だが、たまに接客もする。

アズール、ジェイド、フロイドに悪い意味で目を付けられている。

オクタの3人が大の苦手。
だが仕事関係もあるので接さなければならないのが解せない。

悪ノリが酷い。反省はするが後悔はしない。
そして懲りずに繰り返す問題児。

占いは悪いことだけ当たる。寝相が最高に悪い。

顔はリドルやエペルのようにかわいい寄り。
だが口が悪い。

大人しく黙っていれば美少年。
だがその姿は滅多に見られない。

マジカメの更新頻度が高い。
オクタの3人に監視されているとは気付いていない。

体温が常に低く、ひんやりしている。
寒さには強いが、暑さには弱い。

スカラビア寮に憧れているが、自分の体温上、干からびてしまうため行けない。

クリオネの姿のときは腕が6本。
足が生えて嬉しく思っているが、腕が減って不便さを感じている。

両耳にそこそこ大きいピアスを付けている。

[関連ジャンル] 人物  [作成日] 2020-07-27 14:17:40

日記へのコメント

まだコメントはありません

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp