作者プロフィール
日記
【妖通り裏話②】店主達の年齢👾



 こんばんは、多々良です。

 執筆の息抜きに、「姫君は妖通りに遊ぶ」に登場する妖達の年齢(人間での年齢換算)についてざっくりとまとめてみました。

 自創作ではキャラの年齢をはっきり決めないので、基本的に「大体この年代」位しか決まってないという( ̄▽ ̄;)

 妖通りで年代は大きく4つに分けられ、それによって那由多との関係性等に特徴があります。

⚠️以下、やや本編ネタバレ注意。





①10代後半~20代前半

該当→伊津路

【傾向】
 基本的に女慣れしてないので、相手が年下の女の子であってもリードする余裕は皆無。むしろ、那由多に助けられるタイプ。

 ただ、那由多的には歳が近く、気軽に話せる相手である、という面も。なので、彼女もタメ口で話すことが多いです。


 
②20代半ば

該当→弓月、尚波、度会

【傾向】
 基本的に、那由多に対して年上の男性らしい振る舞いが出来ます。

 しかし、時に感情や衝動を抑えきれない精神的な脆さが垣間見えることも。些細なきっかけで感情が揺らぐ不安定さアリ。

 ちなみに、上記3人の中だと年齢順は弓月<尚波<<度会です。

 弓月と尚波が年齢近くて時に言い合いになったりするのを、年上の度会が執り成す……という構図ですね( ˙꒳​˙ ).。oO



③20代後半

該当→近江、島津

【傾向】
 年上としての落ち着いた大人の対応が出来る。女性の扱いも慣れたもの。

 那由多が何を言ったとしても動揺しない強さを持つ。ある意味、「完璧に大人の対応ができる」というのはこの年代からかもしれません。

 那由多に対して恭しく下出に出ることもできますが、基本的に自分が主導権を握りたいという男の矜持が見え隠れ。

 S性のある年上という意味では美味しいポジションではありますが、レールを敷きたがる、支配欲が強いという意味では、やや面倒な年代とも言えます( ´-ω- )←



④30代以上

該当→城崎、高河原

【傾向】
 姫君のことが第一優先の典型(笑)

 那由多が何か強請ったとしても、最大限聞き入れてくれ、裏を返せば、それが出来るだけの余裕があると言えます。兎に角、彼女を甘やかしたい。そんなタイプ。

 ただ、那由多に対して欲をぶつけてはいけないと自制し過ぎる面も。

 伊津路とはまた違う意味で、那由多としては話しやすいので、彼らの前ではややワガママになる場合も多々あります。
 


 取り敢えず、こんな感じです。次回は……タイトル等の小ネタについてまとめていこうかしら。

 それでは、今回はこの辺で╰(*´︶`*)♡


[関連ジャンル] 完全創作  [作成日] 2019-08-13 20:22:54

日記へのコメント

まだコメントはありません

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp