作者プロフィール
日記
ヴヴヴへの想い綴り【2】

※公開ページ、設定ミスで1ページ分公開してませんでした(・・;)
訂正致しました。


デート編ほんの僅か、ちょこんくらい?始まりました。
本当にお待たせしてしまって申し訳ございません(~_~;)
予定では昼下がりのランチまで書く予定が…。

ちょっと前回の振り返り、今更ですが21章…私も焦ってやらかした感…(´-`)

特に理由はヴヴヴ一話見直して、思ったのがエルエルフはハルトの心臓を貫いたんだよね。
後にエルエルフが言ってたから確かでしょう。
左胸あたり、心臓の上は胸だよね思っ切り。

何が言いたいかと言いますと、21章、…お胸の上にキスしたことになるよね、エルエルフ。

胸の間くらいにしたつもりだったけどこれは…(__)
(・∀・)
混乱するから書き直さないけど⇦
私の書くエルエルフはきっと、むっつり…。
変()が書くからキャラにも影響するのね笑

しかしここまで長いな…一期部分終わってから正直ほとんど進んでない。
自覚あるけどどうしたらいいのか分からない笑
一進一退、デート編終わるまでは進みが遅そうです…。

唐突ですが実は次の連載も少しだけネタ考えてます。
今のところ、パロかもしれません。
今は近未来だけど次は中世か、エヴァのように並行世界のような世界観で今の世界と別軸でもいいかなとか、色々考えてます。
考えているだけ笑
設定はほぼ考えてもいないです。
今の連載終わるまでは他に手を出すつもりはないので未定。
むしろいつ終わる…?笑

次書くなら、むしろ敵対関係とかでもいいかなと。
最初は甘さはほぼ皆無でとか…。
また、自分の首を絞めそう。

でも、ヴァルヴレイヴの機体の登場なく、ヴァルヴレイヴですって言えない(¬_¬)
ただ、火人擬人化とか誰得…笑
しかも私の中のイメージはパイロット=機体なので、擬人化なら火人の見た目はハルトだけど中身無慈悲とか、目つき悪そうとか。
そんな安直なイメージしか湧かない…。
火神鳴(参)だけはまんま山田のコピー…笑
あれ、やっぱり近未来的な設定になってしまいそう。

Vレボ行きたいな…休みとれないかな…(´-`)
だけどきっと私が求めているものは見つからない気がする…笑
ハルトエルエルフのカプものではなく、友情ものが欲しい。
それかオールキャラギャグもの…。
全然、年齢制限もののBLも読めるけど…!
一番欲しいのはエルエルフの1人絵の写真集的なものが欲しい笑
あとは絡みないエルエルフのえろなら大歓迎。⇦絶対ない
これだから夢女の思考は…( ´∀`)

あと今まで発言に節操なかったので今後は、ちょっと改めようと思います。
年齢制限かかりそうなものはできるだけ控えます。
…↑くらいなら大丈夫の判断ですがどうなんでしょう…。
気分を害した方がいらっしゃいましたら申し訳ございませんでした(・・;)
これくらいは許して笑

むしろ、鍵付きでツイッターアカウント作ろうか考え中…。
アイコンはエルエルフがいいので絵師様に依頼しようかなと思ってます。
…著作権大丈夫だよね…?笑
絵なんか、○年描いてないからもう自分じゃ無理!笑
時間に余裕ができたら、探そうかな!
まあ、ここと同じでヴヴヴ独り言しかないだろうけど…。
画像も貼れるのが魅力的…(*´◒`*)
むしろ、新たなSNSのLINK?というものでもいいかも。
しばらく様子みます。

いつも思うのが、エルエルフはかっこいいのは周知されてますがハルトもイケメンなんだよ!
序盤は確かに頼りがいないけど成長していく姿とか、終盤の父親との決別の表情とか、特にアニメEDの最初の赤メモの憂い顔→決心した時の顔つきとか本当イケメン(*´꒳`*)
ただ、あれだけ身を呈して頑張ってきたのに人気キャラ投票低いんだよね…。
他のキャラが強烈すぎる笑

エルエルフは姿も声も性格も生き様も過酷な過去も全てにおいて人気要素の豪華詰め合わせ()…持ち合わせているからそりゃ惚れます。
笑ネタもハムエッグ&半分こ、羊羹、1人旅団も豊富で。
あのサラサラな髪のなのに前髪な癖っ毛も全てにおいて好きです。
もう全てが良き。
夢小説でも早くあのえろい紺の制服着させたい、スカーフ…笑
とりあえず、あのジャケットの下はどうなっているのか妄想しておきます。
スパロボ早く、エルエルフ情報下さい…!
(エルエルフ語りになってる)

話を戻しまして。
ただハルトは優しすぎる、いい子ちゃんすぎる(´;Д;`)
突き放されても、みんな好きだから守るって…報われなさすぎるよ…。゚(゚´Д`゚)゚。

スパロボはよく救済する!と言われているから本当、ハルトも含めみんな救済されて欲しい。
せめて別世界では幸せになって。

夢小説の方もよろしくお願いします!笑

[関連ジャンル] 二次元  [作成日] 2019-04-15 21:12:57

日記へのコメント

まだコメントはありません

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp