作者プロフィール
日記
日記コメのお礼&記念すべき日の私たち❤

昨日はとっても暖かい日でしたよね~(^^;

一転して、今日は雨模様のようですよ~q

私は昨日はお休みだったんだけど、
持ち帰り仕事をしたり、荷物送ったり、
接骨院行ったり…
大忙しの1日でした('ω')

かなり前に、ダムに落ちたイノシシの話題で、
コメント貰ってた~…


>あやのさ~ん❤

一回はバラバラになったけど、きっと、
残してきちゃったもう1匹を、
先の子が待っていたはず…そう思うと、
ちょっとほっこりするよね~(^^;

多分…いや、絶対そうだと思うよ!


さて。

夕べ作ニューでお約束しましたが。

私の記念日について、
ホントの日記、書いちゃいます(^^♪


その日はね、娘の大学の、学祭で。
クラスで出す模擬店のチケットを3枚貰ったので、
遠路遥々出掛けて行きました。

まあね、それは口実で~。
本当は、嵐さんデビューの記念日を、
大切なお友達と過ごすため♡♡♡


まずは、あにゃちゃんと、いつものところで待ち合わせ。

私たち、久々の再会でも、
キャーキャー言ったり、ハグしたりはしないの。
あっさりしたもんよ~(笑)
昨日もあったみたいなノリで、
「おはよ~、じゃ行こうか」ってww

そして、電車に揺られること40分。

大学の最寄り駅で、ヒカルちゃんと再会!
(ここは彼女のキャラも手伝って、少し盛り上がるw)

んで、3人で娘の大学へ…

折角行ったのに、あちこち見る訳でもなく、
適当なところ探してどっかり腰を据え、
喋り倒す私たち…(^^;

側の特設ステージでは、予選を勝ち抜いたお姉さんたちが、見事な声量で歌い上げている…

しばし歓談し、広場で行られている、
チロリアンダンスを、遠い目で鑑賞し…

娘たちから、焼きが足りない焼そばを買って食べましたw


電車に乗って次に向かったのは…

今回の私の、本当の目的地♪

ここは、そう。
『君のうた』のPVが撮影された…

あ、正確には、翔ちゃんが玄米を食べた、
ご飯屋さんがあるところ❤

駅からは、あにゃちゃんのナビで数分。
そのお店は直ぐに見つかりました。

勿論休日ですからね~。
同じ匂いのするグループが何組も待っていました。

写真を撮ったりしながら待つこと、15分くらいかな~?

入った中は、あの翔ちゃんが語っていたご飯屋さん♪

3人でもぐもぐ玄米を食べ、
おしゃべりが止まらないうちに、お店の中は空いてきたので、翔ちゃんが座った席に、順番に座って記念にパチリ♡

きっとね。あのPVが撮影されてから半年くらいは経ってるでしょう?
その間に、大勢の人が、その椅子に座ってるよね?

でもいいの❤

例え半年前でも、彼は確かにそこにいたんだもの(^^;
↑ちょっと怖い?引かないでねww


そこから、次の目的地へはそっから徒歩30分。

そう!!次は、大野さんの撮影した場所。

ほら。
全部は回れないから、『山』関係のとこだけでも…
ってことで。ぽかぽかで楽しい散歩でした。

「ここだ~!!」

大野さんがいた場所で、その残像を追う様に記念撮影。
(勿論同じような輩がそこここに…)

PV観ながら、きゃっきゃと撮影するおばさん3人💦

その直ぐ近くにあるのが『SASAYA CAFE』
5人が柴犬りんちゃんと戯れたり、向かい合って歌っていた、あの場所…

ワクワクしながら、そこでお茶をし。
玄米でお腹が空いていないから、
一個のケーキを3人でつつき。

あ~、楽しい聖地巡りだったね❤

……で、終わる訳ないでしょ!

夜の帳が下りた知らない町。
タイトアップされたスカイツリーに感動しながら。

またまた歩くこと15分。

一応最寄り駅に到着した私たちは、
ちょっとゆっくり飲める居酒屋を探しました。

たまたま入った『てけてけ』ていうお店。

まあまあ混んでいた店内で、直ぐに通された場所は、
頼んでもいないのに、なんと、個室!

恐らく店唯一の個室じゃないかな~?

『ほら!ここで腐っていいぞ、お前たち』
そう言われたような気がして笑いました(*^^*)

そんで、たしなむ程度にアルコールをいただきながら、時間を忘れて、誰に遠慮もなく、大きな声で話し…

まあ、そんなに腐ってはいなかったか💦
(でも、かなり突っ込んだ内容が…w)

2時間半くらいで、混んでるからと追い出され、
今回のラスト。

某珈琲店へ。

そこも、なぜか、他のお客とは一線を画した場所。

あのばばあたち、うるせ~だろうから、
離れた席にしとけ!

っていう、流石のお店の読みなのかもww
↑なんだよ~、当たってるぜ…

こうして、私と嵐さんの←並べるな!!
大切な記念日は二人の友人のお陰で、special1日になりました。



とさ。

おしまい❤


ガーベラ♡

[関連ジャンル] 人物  [作成日] 2018-11-06 05:53:41

日記へのコメント

まだコメントはありません

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp