• テキストサイズ

heart beat

第2章 距離感



『はい!病院着いたよ!!入り口まで支えるから
その先は、自分で頑張れる??ごめんね??
俺さすがに一緒に入れないからさ』

あや
『いえ!!ここからは、自分で大丈夫です!病院ですし
無理そうならケンケンで入り口までは、行けます!!
本当にご迷惑おかけして申し訳ありませんでした!!
あ、あと あの!さっき連絡先とか聞いちゃってすみませんでした』
『本当は、後日お礼をお渡ししようと思っていたんですけど、ラッピングもしてなくて申し訳ないんですが
お礼で受け取って下さい』

そう言って自分が使おうと思い、自分のお店で買ったシャンプーを渡すあや


『笑!ありがとう!!』

そう言ってマスクを付け車を降り、助手席のドアを開け無言て手を差し出す

あや
『本当すみません』

入り口に着くとそっと手を離し 何かを手に握らせ微笑む翔

手を開くと 高そうなボールペンだった

あや
『これは?』


『お礼のお礼!?俺も今日何も持ってないから!!笑
色々あるけど、お互い踏ん張ろうね』

あや
『そんな、頂けませんよ!!』


『いいから、いいから!!じゃーね!!!』

そう言うと車に戻り 走り去っていく

その車の後ろを眺め 寂しさを少し感じたあや

あや
『…好い人だったなぁー…』

その後診察を受け結果は、捻挫 自宅に帰ったのは日付けも変わり深夜をまわっていた

早く寝なきゃ!!
今日もバイトあるから4時30分起きだし!!!
だが、あまりに色々ありすぎて興奮して眠れずに
頂いたボールペンを眺め朝を迎えた


『おはよう!!お前足どーした!!』

あや
『おはようございます!笑、昨日転んで捻挫しちゃっんです』


『お前ドジだなぁー!!今日は、レジだけやってくれればいいよ、他は俺がやるから』

あや
『ありがとうございます』


先輩の力を借りつつコンビニで働いているとそこに一也が現れた

一也
『おう、お疲れ!!』

昨日の一件もあり普通に接しられない


/ 316ページ  
スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp