• テキストサイズ

ラブレター



1

好きになるまでそんなに時間はかからなかった。

2

最初はそれなだと思っていたが、ソレーナという可愛らしい名前だった。

3

ソレーナと話を重ねるごとにソレーナに惹かれていく。

4

年の差はあるしソレーナが恋愛はまだ早いのも分かる。だけどこの気持ちは止められない。

5

付き合って

 by橋蔵

6

ソレーナ

私は、ある日『小説読む書く』の部屋名を記入して、部屋を作るという一つのボタンを押した。

7

ソレーナ

初めて、あった時はただのチャットモだと思っていた、だがそんな一言では終わりはしなかった…

8

ソレーナ

だって、普通は1回でもう会わなくなる、そう、チャットは『一期一会』が普通であるが、あのひとは、橋蔵さんは何回も来てくれた。

9

ソレーナ

そのことは、今でも忘れない。

10

ソレーナ

byソレーナ

クリックして次のテキストを表示

/3ページ 
スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp