作者プロフィール
作者ニュース詳細

お知らせ

こんにちは、なかのです。
「パンドラの箱」をご覧くださり、本当にありがとうございます。

この度突然ではございますが、この作品を一旦非公開にさせていただくことにしました。
理由は様々ありますが、今一度作品を見つめ直したいということが大きくあります。

執筆が止まってからも読んでくださる方がいることを知って、本当に嬉しかったです。
その分、自分勝手なことをすることに、本当に申し訳ない気持ちがあります。
もし再執筆をお待ちいただけるのなら、その日にまたお会い出来ればと思います。

それでは、また会う日を楽しみに。
[作成日]2020-03-12

16拍手

拍手する

関連小説

ひとりの女が失った記憶の真相とは… 《赤井秀一/安室透》
[ジャンル]二次元
スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp