作者プロフィール
日記
咎の薔薇 語り。(ネタバレなし)


こんにちは、紗月です

ただ今公開中の小説、「咎の薔薇」について、

すこし語りたい気分だったので。

ネタバレなしの一人語りに、付き合ってくだされ。笑



ええと、まずは女主のことについて。

「エステラ」の名前は星の外国語(Etoile + Stella)を組み合わせたものですが。


多くがハッピーエンドではないギリシャ神話のように、

孤独にひかっていても、焦がれるものだけ与えられない………という彼女の境遇をイメージしたものです。


また彼女の姓、「ダイアリー」は

愛された記憶を、愛してくれたひとを、

埃をかぶった古い日記を読み返すように探している。


そういったふたつの境遇におけるイメージから、

私のなかで固定された彼女の立ち絵は

胡桃色の髪に青い瞳(イメージはサファイア)の容姿となっています。

(↑ 金髪碧眼のビクスドールをイメージして頂けるとわかりやすいかと。)


(ちなみに初期では灰かぶり姫のイメージから、

灰色の髪(黒〜銀の中間ぐらい)だったり。)


いつか再現できるくらいの画力………が、身についたら、いいな。。



つづいて、吸血兄弟について。


兄のヴァレオは『紫』の英語(violet)からイメージしたものです。

個人的にその色は、擬人化するならば

『妖しげ(お色気たっぷり)な美青年』のイメージなので。


一族の最高位として厳しく育てられ

それゆえに不器用であり、ひとの痛みに聡くもあり

どこか冷めた性格ながら、内には情熱を秘めています。



弟のカティルは初期小説と変更し、『太陽のような青年』をイメージしています。


名前の由来は、恋を知っていく「過程( = この単語を文字った感じです)」のなかで

温かさだったり涙だったりを知っていく………みたいな。


また常世を照らす快活さを持ちながら、

なんでも卒なくこなす兄に引け目を感じていたり………。



夫ギルシスは、物静かな伯爵です。

彼女のことは決して愛しはしないと名言していますが、本当は………?



もっと語りたいですが、ただいま通院中なので強制斬りします。苦笑

新たな咎の薔薇を、どうかよろしくお願いします。!





[関連ジャンル] 完全創作  [作成日] 2019-05-15 13:30:54

日記へのコメント

まだコメントはありません

スマホ、携帯も対応しています
当サイトの夢小説は、お手元のスマートフォンや携帯電話でも読むことが可能です。
アドレスはそのまま

http://dream-novel.jp

©dream-novel.jp